暮らしのなかのSDGs ―今と未来をつなげるものさし―
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

暮らしのなかのSDGs ―今と未来をつなげるものさし―

¥1,650 税込

送料についてはこちら

食べること、住まうこと わたしたちの毎日がサステイナブルな未来をつくる 持続可能な社会をつくるために、どうしたらいい? 経済、社会、環境、どれもが私たちの暮らしに結びついています。日常の場面から考える「SDGs思考」を身につけ、「SDGsの“ものさし”」を自分のなかに持つことができるアイデアブック。SDGs入門書としてもおすすめ。 《編集者のおすすめポイント》 SDGs(持続可能な開発目標)は、貧困や不平等・格差、気候変動などのさまざまな問題を根本的に解決することを目指す世界共通の17の目標です。私たち生活者にとっても、日々の暮らしのなかで実践していることや気になっていることに、つながっていることがたくさんあります。 この本は住む場所も年齢も暮らし方もさまざまな人たちの考えやアイデアをQ&A形式で紹介するほか、専門家の話や企業・団体の取組もコラムとして掲載。SDGsを身近に感じて、暮らしのなかでのAction(行動・活動・ふるまい)のヒントにしてほしい一冊です。 アノニマ・スタジオ 編集 アノニマ・スタジオ(2020/12/21) 単行本・128ページ