一汁一菜でよいという提案
5b4b854250bbc31f4e000974

一汁一菜でよいという提案

¥1,620 税込

送料についてはこちら

「食事はすべてのはじまり。大切なことは、一日、一日、自分自身の心の置き場、心地良い場所に帰ってくる暮らしのリズムをつくること。その要となるのが、食事です。」 「一汁一菜とは、ただの和食献立のすすめではありません。一汁一菜というシステムであり、思想であり、美学であり、生き方だと思うのです」(本書より) 日常の食事は、ご飯と具だくさんの味噌汁で充分。何も気負う必要はありません。基本となる食事のスタイルを持てば、生活に秩序が生まれます。気持ちに余裕もできて、そこから新たな暮らしの楽しみが生まれるのです。 長年にわたって家庭料理とその在り方を研究してきた土井善晴氏が、現代にも応用できる日本古来の食のスタイル「一汁一菜」を通して、料理という経験の大切さや和食文化の継承、日本人の心に生きる美しい精神について考察します。 土井 善晴 グラフィック社(2016/10/7) 単行本(ソフトカバー)・192ページ